「摂るべき油」と「控えるべき油」の違いとは?

普段よく使っているバター等は主に「控えるべき油」になります。そして本サイトで紹介しているアマニ油が「摂るべき油」になります。
違いは何でしょうか。
「摂るべき油」とは簡単に言うと「α-リノレン酸」が多く含んだ油のことを指します。「α-リノレン酸」は青魚に含まれることが有名な「DHA」・「EPA」を含んでいます。「α-リノレン酸」は、「オメガ3酸」に分類される脂肪酸で、この脂肪酸は細胞が正しく機能するためには不可欠なものであることが昨今わかってきました。
「控えるべき油」とは「リノール酸」を含む「オメガ6脂肪酸」や「トランス脂肪酸・ショートニング」といった人工的な油を差します。
昔は、リノール酸は健康に良いといわれてきました。

 

種類とバランス

油は主に以下の3つの脂肪酸から成り立っています。

 

  1. 飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の系列
  2. リノール酸系列
  3. α-リノレン酸系列

(1)は動物性脂肪に多く、(2)は殻類・種子に多く、(3)は海藻、魚介、野菜に多いと言われています。
これまでは(1)の動物性油を減らし、(2)の植物性油を多く摂ることでコレステロールを低下させ健康に良いといわれてきましたが、昨今では(2)のコレステロール低下作用は短期的なものなので、長期的に摂ってしまうと、逆に脳梗塞やアレルギー体質の引き金になると証明されてきています。
これがオメガ6脂肪酸を多く持つ「控えるべき油」ということになります。

 

では、どのようなバランスでとればよいかというと、

 

オメガ3脂肪酸 1 : 4 オメガ6脂肪酸

 

と証明されてきていますが、日本人の多くが、オメガ3脂肪酸を摂らずにオメガ6脂肪酸を多くとっているため、1:10ぐらい、もしくは0:50と言った差が出ているのが現状になります。

 

オメガ3脂肪酸は普通に食事をしているだけでも摂りにくい脂肪酸なので、昨今ではオメガ3脂肪酸を多く含む、エゴマ油やアマニオイルが注目されているわけです。